鼻隠し向う留めマルノコ加工紙工作

時々しか使わないのですぐ忘れてしまう規矩術。いつも勉強になる「大工かたさんの七転八起」で鼻隠し向う留めをマルノコで切る時の傾斜角度は?というお題が出ていたので作図、計算してみた。

しかし紙面上の作図や三角関数の計算だけではモヤモヤすっきりしないのでちょっと紙工作化してみた。

やっぱり立体のことは立体で見るとすっきりしますね。

立体で見せてくれないとすっきりしないじゃないかという方はpdf載せときますので印刷して切って貼ってつくってみましょう。
20180316鼻隠しマルノコ.pdf

かたさん : 

すごい! よくこんなの作れますね。 平面じゃあ理解出来ないので、これはもう作ってみないといけません。

hide : 

私も勉強の為にダウンロードさせて頂きましたm(_ _)m

ryota : 

お二方ともぜひぜひ作ってみてください。丸鋸の進行方向に直交する断面を見つけるという命題が視覚的に分かりやすくなると思います。

hideさん、釘掘りもどき加工の記事を書くお約束もう少し時間ください。写真はあるのですが文と挿絵が….

かたさん : 

 勢い余って勝手にこちらで写真を載せてしまいました。
 すみません。

 と言っておきながら厚かましいのですが、模型の写真を使って記事を書きたいのです。コメントで解りにくいとの指摘をいただいたので、各方向から撮った写真を紹介したいのです。

匿名 : 

・・が、よろしいでしょうか。
(途中で切れて、意味不明の主張になってました。)

ryota : 

弊社の紙工作教材をご採用いただきありがとうございます。
組立説明書どころか山折谷折の指示すらない不親切な教材ですので写真でも解説でも改良提案でもなんでもウェルカムです。